社会性を効率的に身に着けるための情報サイト

>

準備期間にできること

まずは学校の教科をしっかりと勉強

社会性を伸ばすために、中学生や高校生がやっておいたほうが良いことで一番大切なことは、教科の勉強です。
実際に社会に出ることが遠い未来ではない頃ですので、コミュニケーション能力や組織的行動能力、問題解決力など身に着けておいたほうが良い物がたくさん出てきますが、その全ての能力の基礎となるのが教科の勉強になります。

社会で出るとたくさんの能力を必要としますが、その能力の基礎は「考える」ことです。
「考える」ことのできる大人になればさまざまな能力は自然に身に付きます。
その「考える」ことを習慣化するためには、普段の学校の教科をきちんとこなし、知識を自分の物とすることがとても有効です。

学校の勉強は退屈のように思えますが、自分のベースとなる基礎を育んでくれるものですので、自分なりの勉強法を見つけて取り組んでみてください。

アルバイトをしてみよう

高校へ入学すると遊ぶためのお小遣いを自分で稼ぐために働くことも、目的としてとても重要ですが、社会勉強としてもとても重要です。
実際に働いてみることで、社会の一部を自然に無理なく知ることのできる最も良い機会となります。

例えば接客業でしたら、さまざなタイプのお客様との接し方を覚えることができますし、目上の方に対する話し方なども学ぶことができます。
いきなり社会に出てしまうと、意識して変えていかなければならないものが、アルバイトの経験を通して、苦労なく自然とできてしまうのです。
また、自分のミスがどれだけの人に迷惑をかけてしまうかなどを知ることで、責任感が生まれてきます。
自分の行動の大切さを学べる良い機会ともなりますよね。


このコラムをシェアする